Focus 260 その後

イギリスから個人輸入したFocus260が我が家に到着して約1か月。今はFocusがメインスピーカーになり、それまで使っていたApogeeは売却、Spendorは別の部屋に保管している。当初、真空管アンプで駆動したのだが、Apogeeと入れ替わりで購入したSoulnoteのA-1に繋ぎ変えてみるとFocusとの組み合わせはA-1の方が好み。中低音が過不足なく鳴るし、高音もスッキリした。

前回も同じようなことを書いたが、このスピーカーはとにかく音離れが良くて、スピーカーが鳴っているように聞こえない。二本のスピーカーを結んだ線の奥にきれいにステージができる。ESLやStageを使っていた頃も同じように感じていたのだが、狭い部屋で平面型スピーカーを使っていた宿命か、Focusほどピントが合っていなかったことに気付いた。比較してFocusは細身で小ぶりなのでこの部屋によりフィットしている。もしかしたら同じDynaudioのブックシェルフはもっとクリスプでさらにピントが合うのかもしれないが、低音はある程度あきらめる必要があると思う。僕はオーケストラ物をメインに聴くので、このスピーカーくらいの厚みは欲しい。試聴もせずに買ったにしては実に良い買い物ができたと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小径で高性能なスピーカー(^^)

ばけぺんさん、こんにちは。
< スピーカーが鳴っているように聞こえない。二本のスピーカーを結んだ線の奥にきれいにステージができる >
これは何とも素晴らしい環境で聴かれておられますね。オーディオライフと音楽鑑賞がシンクロしておられ、充実感に満たされたご様子が垣間見れました。

akifuyu102さん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございました。

お褒めいただき、ありがとうございます!あれやこれや散々遠回り、思えば散財の日々でしたが、ようやくこれは!と思えるスピーカーが手に入りました。音の出口が決まったので合わせるアンプも決まりましたし、今後は音楽鑑賞に専念できるかな?と思います。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク