メンデルスゾーン交響曲第4番「イタリア」 : マゼール

maazelitalian.jpg

マゼールが若い頃DGに残した録音をまとめたボックスセットからメンデルスゾーンの「イタリア」と「宗教改革」を収めたCDを聴いた。

マゼールの特に晩年の録音の場合、マゼール好きにはたまらない、とか、変態的だが面白い、といったものが多い(笑)のだが、このメンデルスゾーンはそうした条件一切なしで非常に良い演奏である。

60年、30歳になったばかりの録音なのでマゼールの指揮は颯爽としてスピーディ、でありながら、表情はすこぶる豊かで聴いて実に楽しい。管楽器の音が特に今よりも古式ゆかしくて、古いBPOの音がするが、青年指揮者のバトンに見事に応答してとっても上手。リズム感溢れる爽快な演奏を聴かせてくれる。名盤だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク