真空管アンプその後

って、この間、アンプはA-1で決まりって言ってたじゃん。。実際、そう思ってずっとA-1を使用していたのだが、なぜか無性に真空管アンプに戻したくなって交代させてしまいました。この暑い中。。

カスタムメイドの真空管アンプは大メーカー製のものに比べて購入時のコストパフォーマンスは高いと思うのだが、リセールバリューが極めて悪い。なので、A-1を導入しても売らずに手元に残し、涼しくなってきたら入れ替えようと思っていた。入れ替えたら実験したいことがあったのだが、休み中は涼しくなってからと思って我慢していた。それが、仕事が再開したとたん我慢できなくなったというのが真相である。

何が試したかったかと言うと、真空管の交換である。この真空管アンプを導入するずっと前にNmodeの真空管アンプ(V-LA1)を所有していたのだが、その時、刺さっていた真空管はリリック純正のKT88。V-LA1はEL34に差し替えることが可能だったので、購入とほぼ同時にSvetlana製のEL34を手に入れたのだが、ほどなくV-LA1自体、売ってしまった。交換用のEL34は二束三文の値しかつかなかったので売らずに保管していた。

手元にある真空管アンプにはJJ製のKT88が刺さっているのだが、このアンプも真空管をEL34に交換できる。ということで購入3年目にしてようやくEL34の出番と相成った。ずんぐりむっくりしたKT88に比べるとEL34は細身でスマートである。巷間、語られるところから想像するにKT88は熱くて低音に馬力があり、EL34は繊細ですっきりしている。って、見た目通りなところが面白い。さてさて実際はどうなるだろうか。準備万端整ったアンプを前にして、一人、ほくそ笑んでいるところである。

DSC_9624 (2)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真空管

ばけぺんさん こんばんは。

私のご近所に「真空管バカ」と自ら称しているオーディオ仲間がいます(笑)

真空管をとっかえひっかえ替えて音の違いは確かにあるなぁと確信しました。

その方は私と同い年ですがその道30年以上でオーディオ歴が短い私とは経験値がまるで違います、そこで真空管の面白さを体感しました。

私もお金があれば(^_^;) 来年ぐらいから真面目に真空管に取り組んでみたいと思っております。

真空管

こんにちは

このアンプはプッシュプルでしょうか、
過去に自分で組み立てるシングルのタイプを2台使ったことがあります、管はEL34とKT88でした、EL34の付いた方が気に入って長く使いましたけどね。
機器に凝るほうではないですが、真空管には鉱石ノイズがなく、音場が澄み渡るのが魅力でした。

キタサン、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。

真空管アンプを所有されている方はかなりの割合で真空管交換にはまってしまうようですね。気を付けないとです(笑)。

真空管を交換したのは初体験ですが、確かに音は変わりますね。今回は真空管の型式を変えたので特にわかりやすく変わったと思います。同じ型式でメーカーを変えればまた変わるとは思いますが、そこに踏み込むといよいよキリがなさそうです。。

KT88とかEL34は安い現行品があるので経済的にはカートリッジ交換より気楽なところがかえって危ないです(笑)。

michaelさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。

はい、このアンプはプッシュプルです。michaelさんはブログを拝見しても器用ですね。僕はとても自分で真空管アンプは組み立てられません。

交換したばかりの感想ですが、僕もどうやらEL34の方が好みです。KT88よりも細やかな音がします。しばらくはEL34で聴こうと思います。

> 機器に凝るほうではないですが、真空管には鉱石ノイズがなく、音場が澄み渡るのが魅力でした。
言葉で描写するのは難しいのですが、真空管アンプで聴くと楽器の音に実在感のようなものを感じます。聴き比べるとSNはトランジスタの方が良いと思うのですが、雑味がある分、生っぽく聞こえるのかなぁ。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク