真空管交換

JJエレクトロニクス製のKT88からSvetlana製EL34に交換してまだ2日目、実際に聴いている時間にすると数時間しか経過していないので音の違いを語るには早すぎるだろうが、初期段階の感想を言えば、EL34の方がきめ細やかな感じで好みに合う。ちなみに僕が買ったSvetlanaはSロゴと言ってアメリカの会社がロシアで製造させている物らしい。ロシア語の「S」である「C」がロゴマークのSvetlanaもあるが、手元にあるのはSの方である。

ネットでちょっと調べただけで真空管の世界は深遠であることがわかる。断片的な知識しか持たずにいい加減なことは言わない方が良さそうだ。とりあえず間違いないのは真空管交換による音の変化がケーブルの変更よりはるかに明確だということである。アナログで言えばカートリッジ交換による音の変化もわかりやすいが、EL34は現行品であれば4本で10,000円から30,000円くらいの投資なので、カートリッジ交換よりもかなり安い。ある意味、非常に危険である。真空管の沼にどっぷりとはまる人の気持ちもよくわかるが、まずはしっかりとこの二組の真空管を聴き比べてみようと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク