SM-SX10(10)

前回書いたとおり、SM-SX10とSCD-DR1との接続は最近、もっぱらiLinkである。iLinkならSACDとCDどちらの信号も通るのでいちいち切り替える必要がない。もちろんアナログ接続でもいいのだが、特にSACDの場合、iLinkならSM-SX10で1ビット信号をそのまま増幅できるので、なんとなくそっちの方が好ましい気がするのだ。あくまで気がするだけなんだけど。

結果、最近、とんと出番がなかったPerfectwave DAC2を久しぶりに使ってみた。SCD-DR1からデジタル出力してDACにつなぎ、SM-SX10とRCAでアナログ接続。せっかくだからデジタル出力もCoaxialとXLRをダブルでつなぎ、どっちがいいか聞き比べてみる。

前にも書いたが、CDを聴くにはこの接続の方がやはり音が良い。厳密に言うと音が良いというのは少し違うかもしれない。iLink接続は少し細身なのだ。DAC経由の方が音が前に出てくる。それに元気の良い音だ。それでいてうるさくはない。この当たり、SM-SX10のマルチビット/1ビット変換とDACによるDA変換の音作りの方向が違うのだろう。僕にはDAC経由の方が(僅差ではあるが)好ましく思える。

とはいえ、そこそこの価格の単体DAC、しかもクロック交換したDACと遜色ないというのは実はすごいことだとも思う。デジタル入力、アナログ入力とも実にハイクオリティなアンプだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク