国外運転免許証

異動になった関係で年明け早々海外出張に行かなくてはならなくなった(>_<)。う~ん、正直言って気乗りしない。。面倒くさいなあ。正月というものは、せめて松の内(関西風に15日まで)はのんびりしたいではないか。おかげで楽しい冬休みだと言うのに心は今一つ曇り空である。

面倒くさい理由その一。行先がシンガポールとアメリカであること。これが西海岸ならまだしもよりによってシカゴとボストンである。強烈な暑寒(あつさむ)である。下手したら寒暖差50度を超えそう。持っていく服を考えるだけでも気が重い。

面倒くさい理由その二。日本と違って本社はすごい田舎にある。日本からの国際線が到着する空港からはかなりの距離だ。特にシカゴの方はリムジンで行くには遠すぎるためにレンタカーを借りて自分で運転しなくてはならない。向こうで久しく運転してないし、途中で吹雪にでもあったら嫌だなあ。

つくづく暗い気持ちになるのだが、仕事である。悲しんでいても仕方ない。ということで、今日は「国外運転免許証」を取得してきた。これがまた家から遠いので今になってしまったのだが、もたもたしていると免許センターも冬休みに入ってしまう。気合を入れて朝一番に行ってきた。

一般に「国際免許証」と言ったりするが、道交法では外国で運転するために日本で交付される免許を「国外運転免許証」と言い、海外で発行されたわが国で有効な免許を「国際運転免許証」と言う。まあ、どっちでも良いが。

条約上、加盟国間では相互に一年間有効な免許として発行されるのだが、以前ニューヨーク市に住んでいた時には一か月しか認めてくれなかった。ニューヨーク市に来たら市の条例が優先で「条約なんて知らん。」という態度に僕は心底びっくりしたのだが、さらに驚いたことに当時同僚だったイギリス人は「もう何年もイギリスの免許で運転している。」と言う。「英国免許は当然、世界中で有効。」という態度である。上には上がいるものだ。

実は今回の出張に当たっても別のイギリス人の同僚は「日本の免許で大丈夫だと思うよ。」と言っていたのだが無視することにした。日本人は礼と秩序を重んじる立派な人種なのだ。お前達みたいにいい加減な連中とは違う。

閑話休題。8時半から受付開始だったので8時20分くらいに着いたら扉の前に結構な数の人が並んでいた。男女比で言うと2:8くらいで女性が多い。それも若い女の子がやたらに多い。国内で車を運転する若者が減っていると思っていたのに意外である。みんなどこで運転するのだろうか。

ぼんやりそんなことを考えていると列の先頭の前ではなく、列の真ん中くらいにいた僕の前の扉が開いた。係員が「先頭の方からどうぞ。」と言うが、誰も動く気配がない。良いのかなと思いつつ部屋に入って受付をした。おかげで一番乗りである。すいすいと手続きが進み、免許証が交付された。

表に出ると彼女たちはまだ並んでいた。よく見れば隣の扉の前には「看護師~~」の文字が。。なるほど若い女性が多いわけである。考えてみれば間抜けな勘違いであった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク