イコライザーカーブ

昨年の暮れ、iFi Audioのiphono2という小型フォノイコライザーを購入した。光カートリッジ用のイコライザーは別として、二つ目のフォノイコを何にするかすいぶん長く悩んだのだが、ようやくこれと思える製品を見つけた。決め手となったのはサイズと機能。以前、このメーカーの小型DACを所有していたが、実物は非常にコンパクトである。電源はノイズが心配なACアダプターだが、電源にもこだわりのあるメーカーなのでその点、抜かりはないだろう。機能的にはゲインや負荷を細かく設定できるし、e-RIAAというRIAAベースの標準カーブに加えてフロントのスイッチでコロンビアとデッカのカーブが選択できる。

レジェーロも高域と低域が可変できるようになっていて、その組み合わせによってこれらのイコライザーカーブに対応している。が、ほとんどのフォノイコはRIAA一本である。アンプにトーンコントロールがあればそこそこ対応できるだろうし、人によってはオーディオシステム全体の変動要素に比べたらイコライザーカーブの違いは些細な問題という考えもあるだろう。

しかし、実際、80年以前に録音されたLPを再生する場合、イコライザーカーブを変えて聴く方がしっくりくることが多い。僕は最初のうちデッカカーブと言うのはデッカ特有のカーブと思いこんでいたのだが、上述のサイトによればDGやEMIもデッカカーブであると言う。どうもDGは音が硬いと感じることが多かったのだが、案外、イコライザーカーブが合わなかったのかもしれない。

このフォノイコの第一印象は非常に静かであること。ノイズフロアが低く、ノイズの質もハムっぽさがなくて良い。それにサウンドステージが大きくて奥行きがしっかり出る。負荷の設定に応じて音の変化もわかりやすいし、ゲインも調節できるのでカートリッジの対応の幅も広い。まだまだ使い込めていないが好印象。ゆくゆくはもう一台入手してモノラル使いもしたい。

DSC_9739 (2)
ケーブルが左右に刺さるので美観を損なわず設置するのが難しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良いフォノイコです

ばけぺんさん こんばんは。

これは良いフォノイコを見つけられましたね。

ここのメーカー 古い伝統をリスペクトしつつ新しい技術も採用していますので良い製品が多いと感じていました。

しかしフォノイコはちょっと盲点で気づきませんでした(^_^;)

これすぐにではないですがキタサンも買いたいなぁ(笑)

アナログ再生で 音を制するのはトランス。
音楽を制するのはフォノイコ。 というぐあいにフォノイコは大事です。
(キタサンが勝手に考えたので信憑性はありませんが(笑))

キタサン、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

iFi Audioは比較的新しいメーカーなのに結構なラインアップを揃えていますね。仰るとおり軍事技術を応用した最新テクノロジーを駆使する一方、真空管を活用したり、その名もレトロな製品を販売したりと面白いメーカーです。

このフォノイコ、MC直結前提ですが、トランス経由でMM接続しても良い音でした。とは言え、相変わらずこれはというトランスは見つけられないのですが。。

個人的には負荷設定で音が相当変わることが発見でした。

No title

こんばんは。
以前、同一音源でNABとRIAAのLPを聴き比べしたことがあるのですが、全く違いがわからなかったです。とんだ駄耳でした。
レコードはアクセサリーの違いが音に現れるところが魅力ですね。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

調べてみたらNABカーブはRIAAと150㎐以下で最大2dBしか違わないみたいです。低域が豊かなスピーカーだと気づかないかもです。

それにどのカーブでも人間の声の帯域では大差がなさそうなので、曲にもよるかもです。

デッカカーブは結構わかりやすく違うので聴き比べなかなか面白いですよ。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク