ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」 : ケンペ

出張中、機内で何曲かクラシックを聴いたのだが、その中でなかなかの演奏と思ったのがケンペ/ミュンヘン・フィルの演奏する「合唱付き」。行きと帰りの二度聴いたのだが、最初に聴いた時には演奏者のクレジットがどこを見ても見つからず、てっきり新しい録音かと思っていた。帰りのフライトでケンペ指揮と判明。

ケンペの指揮はR・シュトラウスにせよ、ブルックナーにせよ、ぱっと聞いてハッとするようなものではないが、良く言われるような「堅実」とか「地味」という形容も当たらないと思う。このベートーヴェンもそうだったが、音楽が盛り上がるに連れ、この人の指揮はだんだん熱さを増してくる。緩急のつけ方が非常に巧みでぐいぐいと引き込まれる。

調べてみると1973年の録音のようである。国内盤は昨年の秋にリニューアルリリースされているので、これを聴いたに違いない。良い演奏である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 無事にお帰りのようで、お疲れ様でした。
 ケンペさん、好きです。このベートーヴェンは聴いてみたいですね。おっしゃる通りで、例えばブラームスのシンフォニー演奏なども、曲によってもの凄く表情を変えています。一番などは、温かく堅実さを感じるかと思えば、4番などは一転して、第一楽章のうねるような表現はただものではありません。スタジオ録音でさえこうなのですから、実演ではさぞや熱情的でしょう。ユーチューブ動画で、ドヴォルザークの「新世界より」終末部の映像を観たことがありますが、ここのアチェレランドなどはもの凄いですね。佳い情報をありがとうございます。
 当方は、一昨日・昨日と音楽三昧で、秋山さん指揮、我が群響でマーラー5番の2夜連続公演で、満腹です。

バルビさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

おかげさまで無事に帰国いたしました。

ケンペのブラームス、手元に3番しかないのですが、バルビさんのコメントを拝見して他の曲、特に4番は聴いてみたくなりました。若い頃にはR・シュトラウス以外、ほぼ見向きもしなかった指揮者なのですが、聴けば聴くほど味わい深いです。よろしければ「合唱」も聴いてみてください。

> ユーチューブ動画で、ドヴォルザークの「新世界より」終末部の映像を観たことがありますが、ここのアチェレランドなどはもの凄いですね。
これは観てみようと思います!

> 当方は、一昨日・昨日と音楽三昧で、秋山さん指揮、我が群響でマーラー5番の2夜連続公演で、満腹です。
群響のマーラーと言うと高関さん指揮の9番のCDを聴いて良い演奏に感動しました。実演の5番、さぞかし素晴らしいものだったでしょうね!
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク