オペラ バレエ音楽集 : カラヤン

カラヤンオペラバレエ

カラヤンがフィルハーモニア管を指揮して60年に録音したオペラの中のバレエ音楽集。収録されているのは、以下の曲。

 ヴェルディ:歌劇『アイーダ』第2幕第2場より バレエ音楽
 ムソルグスキー:歌劇『ホヴァーンシチナ』より ペルシャの奴隷たちの踊り
 ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より だったん人の娘達の踊り、だったん人の踊り
 ポンキエッリ:歌劇『ジョコンダ』より 時の踊り
 ワーグナー:歌劇『タンホイザー』より ヴェーヌスベルクの音楽

オペラは最初から最後まで聴き通してなんぼという気もしないではないが、そうは言っても時間がかかるし、集中力もいる。それに比べて序曲集、間奏曲集、それにこのバレエ音楽集なんていうのはリラックスして楽しむには最高である。

このレコードでは、比較的若い頃のカラヤンが聴き慣れた名曲を颯爽とメリハリをもって聴かせてくれる。フィルハーモニア管の音色はどことなく古風でEMIの温度感の高い録音とマッチングが良い。これは拾い物の一枚だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

時の踊り

ばけぺんさん、おはようございます。
カラヤンの「時の踊り」はBPO盤でたまに聴きます。
こういう小品は商品にならなくなりましたね(笑)。まあyoutubeでいくらでも聴けますし。カラヤンの颯爽とした演奏魅力的ですよね。

sankichi1689さん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございました。

なるほど、仰るとおりですね。言われてみればすっかりこうした小品集は見かけなくなりました。確かにダウンロードして簡単に聞けますもんね。

カラヤンはレーベルごとに何種類かこうしたレコードを作っているくらいなので一昔前はけっこうな需要があったんでしょうね。こういう名曲集を指揮させたらカラヤン以上の指揮者っていないと思います。痒い所に手が届く良い演奏です。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク