HITnRUN Phase One : Prince

princehitnrunone.jpg

プリンスが昨年4月に急死したことで最後のアルバムとなってしまった「HIT n RUN」。そのPhase One、冒頭の曲は過去の名曲である「1999」とか「Purple Rain」の引用で始まる。単なる偶然であろうが、あたかも死を予感していたような始まり方である。

ウイキペディアによればこれはプリンスの38枚目のスタジオ録音アルバムである。プリンスはいつも膨大な数のストック曲を持っていてこの先何十枚でもアルバムが作れると言われていたが、結局、それらの曲が日の目を見ることはない。

個人的には2014年の「Plectrumelectrum」を買ったのが久々のプリンスだったが、どっちにしても2010年前後はネット配信による海賊コピーに対する抗議としてアルバムを出していない。ネット音楽の普及、ハイレゾ化に歩調を合わせたアナログリバイバルは考えてみればポップアーティスト(とレコード会社)によるパッケージメディア戦略の意味合いもあるのかもしれない。デジタルデータのまとめ方の違いでしかないCDは売れなくてもレコードは音楽を手に入れる以上の目的で買うユーザーがいるだろう。

「Plectrumelectrum」と続く「Art Official Age」がレコードで販売され、僕は嬉々としてそれを買ったわけだが、「HIT n RUN」はデータ配信がCD販売に先行し、レコードは今のところない。それ以前も既存の音楽チャネルを無視して特定のショップだけで独占販売させたり、新聞のおまけとして楽曲を提供したりいろいろ試してきたプリンスだが、それがどこに向かう予定だったのかも今となってはわからなくなってしまった。

90年代にリリースされたアルバム以降、プリンスの録音に対するクリティックの評価は必ずしも高くない。が、そんなことは関係なくこのアルバムに聴く音楽はファンキーでノリの良いまんまプリンスである。望むらくはレコード化して欲しいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク