オーディオ風土記

オーディオ風土記

田中伊佐資さん著作の「オーディオ風土記」という本を買った。2014年11月に初版発行だから今さらであるが、アマゾンでネットショッピングしていたらあなたへのお薦めとして現れた。最近のコンピューターは利口だからなんでもお見通しである。それに「またそんなくだらないものばかり見て」なんてことも言わずさらりと薦めてくれる。とにかくお薦めを素直に聞き入れた。

内容は、もともと「ステレオ」誌連載の記事をまとめ直したもののようだ。全国のオーディオ自慢の方々のシステムを写真で紹介しつつ、その人の人生やオーディオとの付き合いが記事になっている。音楽やオーディオ関連の仕事を生業にする人もいるが、ほとんどの方は全く関係ない仕事をしながら日夜オーディオと格闘しているようである。

田中伊佐資さんはあちこちで執筆しているが、雑誌で新製品を評価している他のオーディオ評論家に比べると一般ユーザー側に近く、本人が本当にオーディオと音楽大好きという感じを受ける。この本に取り上げられているシステムの中には写真を見る限りいわゆるセオリー無視で果たして良い音するのだろうか?と疑問を抱くものもあるが、そんなことより己を信じて好きなことにまっしぐらの人を応援する気持ちが伝わってくる。そもそもこの本は良い音を出したければこうしなさいという教本ではないのだ。

僕は機械物に熱中しやすく、若い頃は車、30代はカメラ、最近ではレコード鑑賞を再開して以来オーディオにすっかり夢中である。しばらく前にふと2013年末以来一体オーディオにいくら使っただろうかと主だったものだけを思い出して計算してみたのだが、途中で青くなって計算するのをやめた。貯金が一向に増えないはずである。こんな無駄遣いしていたらばちが当たる。そう反省しつつ、そういう人は世の中にたくさんいるだろうとも思っていたのだが、実際、僕の知り合いに突き抜けた感じでオーディオに嵌っている人がいるかと言うといないのが現実である。

そこでこの本を読んでみたのだが、いやはやこれは僕にとって最高の精神安定剤であった。ここに出てくる人たちに比べたら僕のシステムなんて子供みたいなものである。このところ、レコードプレーヤーこんなに集めてどうするの?と自問自答していたが、カセットデッキ400台持っている人に比べたら大したことない。部屋中スピーカーの人とかも複数いるし。

ところでこの本、僕が買ったのは第3版である。そこそこ売れているということだろう。どんな人がこの本を買っているか興味があるが、少なからずひそかに罪悪感を持った浪費家がいるに違いない。そういう人は僕と同じようにこの本で救済されることだろう。結果として旺盛な消費行動が継続すれば日本経済のためにもなる。何も間違ったことはしていないのだ。

こんな風に自分を正当化したい人には間違いなくお薦めの本である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ、借りて読みました。確か新潟の方も載っていたように思います。
皆さん、凄すぎますよねぇ。自分はここまで出来ないです。やっぱり時間とお金と執念でしょうか。自分にはこの3つが全くありません。時間がちょっとあるくらい、かな。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

みなさん凄いです。機材も凄いですが、それ以上に音を良くするためのこだわり方が半端ないです。やっぱり一番は執念でしょうか。家買うよりオーディオって思えるかどうかですね(笑)。僕、そこまでの覚悟ないです。

新潟の人も何名か載っていてその中に糸魚川の方がいるのですが、先日の大火の影響がなかったことを祈ります。

No title

こんばんは。
糸魚川の方は市街から離れたところの方ですので被災はされていないと思います。
以前に知り合いの方に、もし聴きたければ紹介しますよ、と言われましたが思わずうろたえて遠慮してしまいました。
なんか、その時は自分のオーディオに対する姿勢が恥ずかしかったんですねぇ。
でも今は怖い物見たさで行ってみたいです。←これがダメでしょう(笑)

情報ありがとうございます。

七味とうがらしさん、早速のレスありがとうございました。

> 糸魚川の方は市街から離れたところの方ですので被災はされていないと思います。
それはなによりでした!

> 以前に知り合いの方に、もし聴きたければ紹介しますよ、と言われましたが思わずうろたえて遠慮してしまいました。
> なんか、その時は自分のオーディオに対する姿勢が恥ずかしかったんですねぇ。
> でも今は怖い物見たさで行ってみたいです。←これがダメでしょう(笑)

この本に出ている人はみな凄いと思いますが、この方はその中でも最高に凄いレベルの一人だと思います。突き詰め方と言う点では一番かも。こんなシステムめったに見れないと思うので、伝手があるなら絶対聴いた方が良いと思います。正直に「怖い物が見たい」と伝えてから伺ったらいかがでしょうか(笑)?

No title

 ありがとうございます。佳い本の紹介に感謝します。昨日購入しました。 
 かつては私も、五味康祐さんをはじめ、江川三郎さん、菅野沖彦さん、高城重躬
さんなどのオーディオ本を集め、薄っぺらながらオーディオ道にあくれる毎日がありました。そんなに高価なオーディオはなくても、本を眺めLPによる音楽を聴き、充実した音楽ライフを満喫していました。
 この本は、かつてのあの、佳き時代をよみがえらせてくれました。お陰様で、再び、LPを中心としたオーディオ再生に興味がわいてきました。近いうちに、いつかは果たしましょう。
 とても佳い本ですね!

バルビさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

正直に申しましてこの記事をバルビさんに気に入っていただけるとは思っておりませんでした。コメントいただき望外の喜びです。バルビさんは私なんてと違って実演をこまめにお聴きですし、音楽に造詣が深いのでどちらかと言えば機材にはあまりご興味をお持ちでないのではと勝手に思い込んでおりました。

お名前を挙げられた往年の評論家の方々は一家言を持った硬派な方々ですが、この本はもっと庶民派と言うか、オーディオ好きの応援本のようなところが僕は気に入っております。取材された方々はみなさん理屈抜きでオーディオを楽しんでいる感じでその辺が一番良いですね。

バルビさん、レコード再生復活を心待ちにしております。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク