ヤマハ 調音パネル

このブログに遊びにきてくれる七味とうがらしさんの体験談に触発されて、昨年末、ヤマハの調音パネルを借りた。

これである↓
343FE837A62E4F089B4EB9138897761A_12073.jpg
(ヤマハさんのサイトから写真借りました。)

このパネル、高額商品の多い調音/整音パネルの中では比較的求めやすい価格だし、大きさも手ごろ。普通の部屋に入れるにはちょうどいい感じである。ネットや雑誌記事を見るとすこぶる評判も良い。果たして自分の部屋でも効くのか試してみた。

現物が到着してからヤマハのサイトで設置例を見てみてはたと気付いたのだが、我が家のレイアウトでは残念ながらメーカーが推奨する①左右スピーカーの後方、②スピーカー両側の一次反射面、③リスナー後方のいずれもが推奨の形では設置できない。①はCD棚、レコード棚に邪魔されて設置できず、②は右スピーカーの一次反射面に機材ラックがあるため設置できない。③は後方の壁一面に高さ1mくらいの作り付け収納が設えてあるため、それが邪魔して設置できないのである。

仕方ないので、今回は①両スピーカーの中間後方に一枚設置する、②試聴位置後方の収納の天面に横向きで設置する、③両スピーカーと試聴位置を結ぶ三角形の中間付近の床に横長に寝かせる、という3通りを試してみた。

あくまで我が家のケースだが、それぞれある程度の時間をかけて聴いてみた結果、変化のある順に並べれば①→③→②の順であった。

①は誰が聴いても即座に違いが実感できるくらい変化があって、中央に音が集まり定位が明確になるのだが、どうも効果が過剰に感じられて最後までしっくりこなかった。
②は物理的に耳の位置に最も近い位置にパネルを置くので効果が大きいと予想したが案に反して明確に効果が実感できなかった。加えて収納上部の窓を塞ぐので部屋が暗くなるのも気に入らなかった。
③はヤマハのサイトでは推奨されていないが、あれこれ物の置かれたこの部屋の最大の並行面がフローリングの床であることから思い付きで置いてみた。結果は①のような劇的なものではないが、全体的に無駄な音を整理してすっきりさせるような変化を感じた。その結果音の見通しが良くなり奥行きも増した感がある。一方で低音の量感は減る。

結局、今回、購入するのは見送ったのだが、今まで気にもしなかった床と天井の音の処理に俄然興味が出てきた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パネルを床に置く、というのはどなたかのブログだったかで見た記憶が。
私の部屋も制約が多く、結局はSPの後方かリスニングポイントの後方にしか置けず、の状態。
家具やオーディオ機器の配置などリスニング環境の見直しの機会、とするのも良いかもしれませんね。
私は暖かくなったらリスニングポイント後方に動かしてみようと思ってます。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

> パネルを床に置く、というのはどなたかのブログだったかで見た記憶が。
なるほど、その方も僕と同じように標準的な設置が難しいのでしょうか?しかし、これって毛足の長いカーペットでも置けば同じことなのかもしれません。

結局、普通の部屋でオーディオを置くと思う通りのリスニング環境は作れないですね(笑)。と言ってオーディオ専用ルームにして家具を全く置かないと響きの処理が意外と難しいみたいですし。

> 家具やオーディオ機器の配置などリスニング環境の見直しの機会、とするのも良いかもしれませんね。
僕はしばらくしたらリスニングポジション正面(スピーカー後方)の壁にもう一つCDラックを置いてみようかと思います。物がぎっしりと詰まったラックは悪くないみたいですので。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク