プロコフィエフ交響曲第5番 : バーンスタイン

DSC_9773 (2)

今週の水曜日にふらっと「レコード社」に立ち寄ったところ、ちょうどセール期間中だった。それに気づいたのは会計のタイミングだったのだが、たまたま、欲しいなと思うレコードがいつもよりたくさんあったので、割引は予想外の喜び。その中の一枚として購入したのが、バーンスタイン/NYPのプロコフィエフ交響曲第5番。

バーンスタインはこの後、イスラエルフィルとも同曲を録音していて、ジャケット写真自体はそっちの方が印象に残るが、「来日シリーズ」と銘打たれたこの日本盤シリーズも僕には懐かしい。79年のバーンスタイン/NYP来日記念に発売された一枚1,800円の廉価盤シリーズ、手元にはニールセンの「不滅」がある。これから、少しずつ収集しようと思う。なにせ、ちょうどこのくらいのタイミングでクラシックを聴き始めた僕にとっては当時どれもこれも憧れのレコードだったのだ。

去年の秋に聴いた時はよくわからない曲としか思わなかった5番だが、その後のドラティ、そして今日、バーンスタインと聞くうちにどんどん親しみが沸いてきた。バーンスタイン/NYPの演奏は比較的ゆっくりと思い入れ深く音楽を進めていく感じ。この頃のこのコンビの録音に共通する乾いた直接音中心の録音なので、強奏時に高音域がやや刺々しい部分もあるが、音楽を楽しむには不足ない。「希望」や「開放」「自由」といったテーマでこの曲をとらえた場合、今までで一番しっくりくる演奏はこのバーンスタイン盤だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
東京は雪が降っているのでしょうか?
バーンスタインのプロコフィエフの5番は後年デジタル録音のイスラエルPO.との方が有名でしょうか?七味は残念ながら聴いたことがありません。
デュトワ/モントリオールSO.のものを愛聴しています。
スカしたクールさがウリかな。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは、コメントありがとうございました。

木、金と小雪がぱらつきましたが、大したことありませんでした。昨日も夜半、場所によって少し。今日はとてもいい天気でしたが、風が強く屋外は寒かったです。

そうですね。バーンスタインのプロコフィエフと言うと鎖がちぎれるジャケットのIPOとの物が有名だと思います。そちらは僕も聴いたことないですが、NYP盤、予想以上に僕は気に入りました。

> デュトワ/モントリオールSO.のものを愛聴しています。
> スカしたクールさがウリかな。
なるほど、確かにデュトワ/モントリオール響はスカしてそう。いつか聴いてみますね。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク