グランツ MH-9B

今週も出張続きで先ほど帰宅した。南に向かったので暖かいかと思いきや、あいにくの雨で肌寒かった。

IMG_0180.jpg
行きの飛行機から見えた富士山。雲の上に出れば日差しはずいぶん強くなったように感じる。777の窓越しなのでちょっと写真の色が変だ。

今回は九州を南から北に移動したが、九州新幹線が開通して鹿児島から福岡は実に近くなった。以前なら複数の出張に分けたものが、新幹線のおかげで一度で済む。結果としてそれぞれの場所の滞在時間は減ってしまってあわただしいのだが。

IMG_0225.jpg
これは今日、帰りの飛行機で撮影したもの。手前の立派な雲の向こうによく見るとひょっこり富士山が頭を見せている。窓越し、半逆光というややこしい条件だが、iPhoneで構えて撮って出しの画像がこれだから本当に賢い。

さて、TD124のアームを交換することにした。このところ3009S2かS2 Improvedに固定していたが、2枚目のアームボードを手に入れてグランツのMH9Bを装着する予定。プチアナログブームと言っても、国内メーカーが販売する新品アームを手に入れようとすると選択肢はとても少ない。すぐ思いつくのはJELCO、Fidelix、グランツ、Pole Star、イケダ、Viv Lab。。う~ん、ニッチだなあ。

そもそもなぜまたトーンアームを買うのか。長くなるので端折ると3009を二本とも整備に出すからである。ほかにもプレーヤーがあるのだから、整備中TD124で聴くのを我慢すれば良いのだが、我慢しない(笑)。

「最近のアームは往年の名機に比べたら安物。工作精度も低いしコストもかけていない。だからダメだ。」的なことを言う人がいるが、完全に整備された往年の名機であればともかくとして、中古で入手した未整備の往年の名機よりJELCOのSA750の方が上だ。あくまで自らの限られた体験から言えば間違いない。

今回、シェル一体型アームは検討対象から外した。限界性能は一体型アームの方が高いかもしれない。が、TD124みたいなプレーヤーで限界性能を追い求めても仕方ない。購入が容易でなるべくカートリッジの対応幅が広くTD124に綺麗に装着できるショートアームという観点からJELCOかグランツが候補だったが、JELCOは国産なのに国内価格が高いのでグランツを買うことに決めた。買うなら今である。もうすぐグランツは値上げになる。

MH9Bはグランツで一番安いモデルだが、メーカーサイトを読むと大事なところをしっかり押さえた堅実なアームという印象。明日、実物が届くのが楽しみである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>我慢しない(笑)
ははは。我慢しない。なんて潔い!

七味とうがらしさん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございます。

はい、我慢しません(笑)。時は金なり。
潔くあほなことを重ねることにしました。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク