The Q UP

The Q Up

アナログに回帰して最初に買ったレコードプレーヤーはビクターのQL-A7、次がケンウッドのKP1100と、今にして考えてみればセミオート型レコードプレーヤーを二台続けて買ったわけだが、その後はTD321を皮切りにすべてがフルマニュアルプレーヤーである。

最初の2台はTD321を買った時に手放してしまったが、今さら思うのはQL-A7を残しておけば良かったと言うことである。今あるプレーヤーに比べたら多少音は落ちるかもしれないが、サイズもデザインも良かったし、何より演奏が終了したら自動でアームが上がってくれるのは実に便利であった。さして広い部屋にいるわけでもないのだが、盤面が終わりに近づくとそわそわしなくてはならないマニュアルプレーヤーではなくほったらかしで音楽を聴きたい気分の時もある。

フルオートやセミオートのプレーヤーの場合、アームの動作を制御するために必要な機構が内蔵される必要があるから、アームを自由に交換できるプレーヤーでそれを望むのは無理な相談。なのかな。。そういうプレーヤーは発売されないのだろうか。

そういうものぐさのニーズに応えてか、世の中には後付けの自動アームリフターというものが存在する。この「The Q UP」もそんな製品の一つ。アマゾン.comなら50ドル。日本で買うと7,000円くらい。実物はいろんな人が言っているとおり、非常に「ちゃち」なものである。たぶんアイディア代9割くらい。

その「物」としての存在感には多くの人が不満だろうが、これ、イライラする気持ちを抑えてきちんと調整すれば実に使える代物だ。ORBEのアームベースに貼りつけて使っているが、最内周まで来ると「はいよ」って感じでリフトアップしてくれる。そういうわけで平日の夜、レコードを聴く時はORBEの出番がすこぶる多い。いつの間にか寝てしまっても大丈夫。そういう安心感があるせいか今まで寝てしまったことはないのだが。

DSC_9869.jpg
こんな感じで設置。

DSC_9873.jpg
最内周に来るとこのとおり。アームを持ち上げてくれるので便利この上ない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自動化

ばけぺんさん こんにちは。

アナログであれCD再生であれスタートは何らかのアクションは発生しますよね。
それがボタンひとつ押す作業でも針を落とす作業でも。

一番大きな違いは最後です。終わりが来れば自動的に動作も終わりになればベストなんですがアナログのマニュアルの機器は残念ながら回り続けてしまう。

この最後の所が自動化(リフトアップ等)されると安心出来るのはよく分かります。

自分もケンウッドのセミオートプレーヤーを使う頻度が結構高くなっています。

キタサン、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

Q UP、設定がちょっと面倒くさく、プレーヤーの形状からORBEに使ってみようと思うのに時間がかかって、実は買ってから長い間、お蔵入りしてました。

装着してみると演奏終了後に自動でリフトアップする利便性は相当のインパクトで、装着後はすっかりORBEの出番が増えました。一方でボタンとリモコンで自在に使えるCDプレーヤーは味気ないと思ったりしているのですが(笑)。。

リラックスして音楽を聴きたい時にはとにかく便利アイテムです。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク