アイヴズ交響曲第4番 : 小澤

小澤アイヴズ

さっき札幌出張から帰宅したのだが、いやはやこの季節にまさか横殴りの吹雪に遭遇するとは思わなかった。しかも今日は昨日の天気がうそのような暖かな陽気。東京を出る時と同様、コートをスーツケースに仕舞い込んで帰ってきた。こちらでは長い間頑張っていた桜もさすがに散っているが、札幌では5月頃とのこと。日本も広いなぁ。

帰ってきたのは夕飯時だったが、一昨日昨日と北海道の美味しい海産物を食べ過ぎて胃もたれ気味である。ほんの軽めに食事をした後、ゆっくり風呂に浸かった。国内だからホテルでも湯船はあるが、やっぱり家の風呂とは違う。気持ち良かった。

このところ集中して聴いているアイヴズの交響曲だが、今日は小澤/ボストン響の演奏する4番を聴いた。もともとはこのLPが気になって買ったアイヴズだが、たまたま同時に1番と2番を買って、さらにはそっちを最初に聴いたのは幸運であったと思う。この曲をいきなり聴いたら「なんじゃ、こりゃ。」となってしばらくはお蔵入りしたことだろう。

1番~3番までの歌謡曲的親しみやすさはこの曲ではかなり後退している。と言って十二音音楽みたいな難解なものではなく、ただ、特に偶数楽章でいろいろごちゃごちゃと同時進行するメロディとリズムが初期の交響曲に比べて複雑怪奇なのだ。それに比べると奇数楽章はシンプルで、特に第三楽章なんて神々しくも美しい音楽である。この同時進行的多面性がアイヴズの本質だとすれば、この曲はそれまでの交響曲に比べて圧倒的にアイヴズ的であり、「ついに本性を現したな、この化け物め。」という感じである(笑)。聴いたことのない人にはなんのこっちゃであろう。ぜひ聴いてほしい。

小澤さんのアイヴズはほかにあるのかどうか知らないが、この演奏はずいぶん昔からこの曲の録音において、それなりの地位を築いているものではなかろうか。通常、複数の指揮者が必要な第二楽章も一人で振っているらしいが、いったいどうやって同時進行する複数のリズムを振り分けているのだろうか?神業である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク