バッハ ブランデンブルク協奏曲 : クレンペラー

クレンペラーブランデンブルク

クレンペラー/フィルハーモニア管によるブランデンブルク協奏曲は「Vinyl Passion Classic」レーベルのLP。以前も一度買い物をしたことがあるが、この「Vinyl Passion」レーベル、ネットで検索してもこのレーベルで発売されているアルバムの情報以外、確たる情報が何も出てこない。かろうじてわかるのはこのレーベルがオランダの会社であることくらい。ジャケットに大々的に「DMM Cutting」とあるが、肝心のマスターがなんであるかは謎である。オリジナルマスターテープはEMIないしはワーナーが保有しているだろうから、それを使っていればどこかにその旨記述があるだろう。となると、市販されたCDがマスター代わりであろうか?

デジタル録音時代になって以来、オリジナルマスターにも超高音域は存在しないはず。それをアナログ化してもないものはないので、よく言われる「レコードにはCDにはない超高音域成分が云々」と言う話はどうなのだろう?LPのカッティングはアナログ領域で行われるのでDACが介在するし、RIAAカーブでイコライジングするので、こうした作業を経由してデジタルマスターと微妙に違う音源になるのかもしれないが、デジタル録音が普通になって以降のアナログレコードと言うのはメディアとして中途半端なのは否めない気がする。ましてや市販されたCDをマスター音源にしてLPを作ることに金儲け以外の意味はあるのだろうか?

なんて疑問を持ちつつもクレンペラーのバッハが聴いてみたくてついつい買ってしまったLPなのだが、聴き始めて出てくる音は本当に不思議なことにまさにレコードの音なのである(笑)。録音年代の割にヒスノイズがぜんぜん聞こえないのでアナログマスターではなく、やはりノイズ処理されたデジタル音源だと思うのだが、もしかしてデジタル領域でそれらしくイコライジングしているのだろうか、それともターンテーブルに乗せて針で音を拾ってフォノイコを通して聴けばこういう音になっちゃうんだろうか。CDはどう聞こえるのか、検証したくなってきた。

演奏は素朴で響きが懐かしい。フルオーケストラのブランデンブルク協奏曲は良いな。クレンペラーらしく、アクセクせずに落ち着いたテンポで進むところも好ましい。とても良い演奏である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
このヴァイナルパッションクラシカル、本当に安いですね。
デジタル音源であってもやっぱり針でこすってしまえばレコードの音なのだろう、と思います。
オリジナルマスターではないにしてもそれに近いものからなのか、もしかしたらEMI
からメタルマスターを譲りうけているのかもしれないですね。
スイマセン、全くの想像ですが。
もう少し、こうしたデータが欲しいですし、メーカーはそれを明らかにして欲しいものですね。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

新譜レコードとしては破格に安いですね、ここは。情報がクレジットされていないことから考えると、少なくとも正規ルートでEMIのような大レーベルからマスターは受け取ってないかなと思います。でも、良いんです。聴いてみて満足なので(笑)。

> デジタル音源であってもやっぱり針でこすってしまえばレコードの音なのだろう、と思います。
僕もそう思います。で、いよいよレコードの音ってなんの音なんだろうかと謎が深まったりしています。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク