ショスタコーヴィチ交響曲第4番 : キタエンコ

ショスタコキタエンコ

今日は職場のゴルフコンペ。今週から週末は4連続でゴルフである。寒い間はゴルフをしない連中も含めてゴルフシーズン到来ということだと思うが、今日は良い季節を通り越してすでにかなり暑かった。半袖半ズボンで回ってるので日焼け対策が欠かせない。一昔前まで日焼け止めなんて女性のものと思っていたが、今は自分も厚塗りしている。そういう人が多いので最近のゴルフ場はバカ殿だらけである(笑)。

さて、家に帰るとHMVから荷物が届いていて、その中の一つ、キタエンコ/ケルン・ギュルツェニヒ管のショスタコーヴィチ交響曲全集を聴いてみた。最初に聴いたのは第4番。ケルン・ギュルツェニヒ管なんていうオーケストラ、ついぞ知らなかったが、調べてみれば1827年創設、歴代指揮者にはヴァントやヤノフスキが名を連ねる、どうやらとても由緒正しいオーケストラであった。キタエンコは常任ではないが、長い付き合いで名誉指揮者になっているという。

演奏より先にアルバムのことを書いてしまうと、この全集、SACDハイブリッド12枚で実売5,000円台で売られている。我が家ではCDレイヤーしか聴けないが、SACD層はサラウンドも完備。ハイティンクの15番(RCOライブ)の時も思ったのだが、SACDステレオ層はともかくサラウンド層は聴いてみたいなあ。しかし、実際に機材をセッティングするとなると、とてつもなく面倒くさいのである。最近はマルチ出力を備えたプレーヤーも少ないし、だいたい5本スピーカーを立てるのがなぁ。。

と、ついつい考えてしまうほど、演奏は良かった。この全集、ライブ演奏とスタジオ録音のミックスで4番はライブ録音なのだが、おそらくアルバム制作過程で編集されていることもあってか、細部までバランスの良い丁寧な演奏で好感が持てる。テンポは少し遅めだが、間延びしたところはなく、一つ一つのフレージングも表情豊かで飽きさせない。オケの音で言うと弦の音が良い。艶やかでなくどちらかと言うと乾いた音色だが、力の漲った良い音だ。全体に曖昧なところがなく、とても明確な演奏である。最初から最後まで基本のテンポはやや遅めだが、終楽章フィナーレ直前のコラールだけは快速。鮮やかに駆け抜けてまたテンポを落として神秘的にフィナーレを迎える。良い演奏である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

暑いですね。
そういえば、学生時代(もう25年以上昔)にキタエンコの実演に接してたのを思い出しました。
モスクワPO.と、一晩でショスタコの5番とチャイコの5番という高カロリーなプログラムでした。どうだったかは覚えてないなぁ。
でもいわゆるロシアっぽい豪快な演奏、ではなかったですね。その時はそれがちょっと物足りなかった気がしたものです。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

暑いですねえ。今からこれでは夏が思いやられます。

キタエンコはショスタコーヴィチも暴力的なところ皆無なので、実演の印象をお聞きするともともとあんまりロシアっぽくない指揮者なんでしょうか。

それにしてもショスタコとチャイコの5番を一晩で聴かせるというのは相当なもんですね。ダブルメインディッシュでお得感満載です!

No title

こちらでは一晩でチャイコの後期三大交響曲を聴かせたり、
近々チャイコのVn.協とラフマニノフのPf協に悲愴という演奏会もあります。
お得感を狙ってのことでしょうが、お腹いっぱいでしょうね。なんだか食べ放題バイキングみたいで、あまりにも品が無さすぎと感じます。
まあ、チケットの安い席から売り切れる感じですから、仕方ないのかもしれません。
りゅーとぴあという立派な専用ホールはありますが、東響が新潟定期と称して来てくれていますが、常設のオケもないですしね。近隣県には群響や山形響、オーケストラアンサンブル金沢などあって、新潟の状況を考えると残念でもあり羨ましくもあり、です。

なるほど。

> こちらでは一晩でチャイコの後期三大交響曲を聴かせたり、
> 近々チャイコのVn.協とラフマニノフのPf協に悲愴という演奏会もあります。
それって凄いですね!オケの負担も相当だと思いますが、聴く方の集中力も問われますね。

> まあ、チケットの安い席から売り切れる感じですから、仕方ないのかもしれません。
でも、NYにいた時のNYPもチケットは安い席から売り切れてましたよ。高い方から売り切れるのはむしろ日本独特のことかと思ってました(笑)。

> りゅーとぴあという立派な専用ホールはありますが、東響が新潟定期と称して来てくれていますが、常設のオケもないですしね。近隣県には群響や山形響、オーケストラアンサンブル金沢などあって、新潟の状況を考えると残念でもあり羨ましくもあり、です。
昨今の新潟はプロスポーツに関しては日本海側をリードしていると思うので、音楽もそうあってほしいですね。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク