スピーカーグリル

今日は同僚と栃木にゴルフに行ったのだが、出かける時には晴れていたのに現地はあいにくの雨。天気予報を見ると小一時間で止みそうだったのでスタート時間を一時間繰り下げてもらった。30分経っても雨脚が変わらなくて不安がよぎったが幸いなことにスタートする時間にはほとんど止んだ。10時くらいには完全に止んだが気温はさほど上がらず、結果的にはとても快適なゴルフができた。残念なことにスコアは良くなかったが。。このところ、あと一歩というところまで掴みかけている予感があるのだが、なかなか結果につながらない。う~む。

さて、標題である。D-TK10のようにスピーカーの前面にグリル(サランネット)が付いていないスピーカーであれば迷う必要もないが、グリル付きのスピーカーの場合、皆さん、リスニング時にグリルはどうしているだろうか?付けたままの人、几帳面に聴く時だけ外す人、完全に外してしまう人、それぞれどのくらいの割合なのだろう。(中には聴く時だけ付けるという人もいるのだろうか?)

僕は今まで、着脱可能なグリルは常に外して聴いていた。ずいぶん前に「グリルは外した方が音が良い」とどこかで読んだ記事を鵜呑みにしていたし、実際、例えばディナウディオのマニュアルには「グリルの音響特性は最適化しているもののグリルなしが最も音が良い」と明記されているので、素直に従っていたのである。

唯一の例外として、甥が遊びに来た時はグリルを付けて聴いていた。ディナウディオのトゥイーターはぷっくりと飛び出ている。それを「えい!」とか言ってチョップされた日には目も当てられない。スピーカーを壊されるのも嫌だが、それでカッとなって2歳の子を叱るのはもっと嫌である。というわけで、しばらくグリル付きで聴いていたのだが、これが意外と悪くない、と思ったのだ。しかし、そう思ったものの余計な知識が感性の邪魔をして甥が帰るとともにグリルなしに戻してしまったのである。

前回、吸音材を壁に立てかけたら音が良くなったと書いた。その時はただ壁に立てかけていたのだが、家にちょうどいい長さの虫ピンがあったので、中心が1mくらいの高さになるように持ち上げて壁に貼ったらなお良くなった。これに気を良くして次に試したのがグリルの装着。実はこれが一番のビンゴであった。

何が変わるかと言うと中高音域がわかりやすく変わるのだが、低音域とのバランスが良くなって音像が引き締まる。同時にステージが全体的に後方に下がって奥行きが感じやすくなる。気のせいかと思って何回も付けたり外したりしてみたが、今回の変化は間違いなさそうである。マイクで測定をすれば中高音域は痩せているかもしれないが、聴感上は特に寂しいこともない。こんな簡単なことなんでもっと早く試さなかったか、である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
グリル問題ですね。
我が家のバークレイⅡは基本、グリルしたまま。EQもそれで調整しています。聴いたことのある方外したほうが、音が良いと言ってくれますが見た感じがこっちの方が良いのです。
あとはユニットのエッジがゴムで少しペタペタしているのでホコリの付着防止とバスレフポートの塗装がポートの途中までなのでみっともない。塗装がポートの途中までというのをみるとメーカーはグリル装着前提なのだろうと思います。
バークレイのグリルはネットがユニット径にくり抜いた板(おが屑を固めたような材質)に打たれていて、非常に重いです。やっぱり出音には影響大でしょうね。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

バークレイII、写真を見ましたが、これはグリルしたままが格好良いと思いました。僕がこのスピーカー持っていても付けておくと思います。

タンノイは高級家具のような姿してるし、きっとメーカーもグリル付きで音を調整しているでしょう。直接音が突き刺さるような音の出方が好きなら別ですが、そのままで良いのではないでしょうか。

> バークレイのグリルはネットがユニット径にくり抜いた板(おが屑を固めたような材質)に打たれていて、非常に重いです。やっぱり出音には影響大でしょうね。
すごいしっかりとしたグリルみたいですね!そういうところも個性の一つかと思います。外したグリルを置く場所も選びそうですね。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク