ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 : チョン・キョンファ

ブルッフチョンキョンファ

考えてみれば長い間、「普通の」クラシックを聴いてなかったような気がする(笑)。チョン・キョンファが24歳の時にケンペ/ロイヤル・フィルと共演したブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番とスコットランド幻想曲。

ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番は大好きな曲で、この演奏も何度か聴いたことがあるのだが、久しぶりに聴き直してみると発見も多い。チョン・キョンファのヴァイオリンが思いのほか優しい音色だと感じたり。それまであまり気に留めていなかったケンペの伴奏が実に包容力に富んだ良い演奏だと思えたり。

この辺り、その時々で聴いている機材の違いもあると思う。あまりきつい音が好きじゃないこともあって、自然にそういう風に躾けているのかもしれない。

24歳という年齢を考えるとチョン・キョンファの落ち着きとスケールの大きな表現力は凄い。じっくりとしたテンポで実に良い演奏だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

知性の煌めき

ばけぺんさん、こんにちは。
ブルッフのヴァイオリン協奏曲は私も最近、ユリア・フィッシャー盤で聴いておりました。
ナクソスでチョン・キョンファとケンペの録音を聴いてみましたが
奏者が変わると、また新しい発見があり増々この曲が好きになりました。
チョン・キョンファがこの頃に英デッカに残した録音には良いものがありそうですね。

akifuyu102さん、こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございました。返信遅れましてすいません。

ブルッフのヴァイオリン協奏曲、僕はズーカーマンの独奏でこの曲を知って以来、大好きな曲です。
チョン・キョンファ/ケンペの演奏はソリストとオケのバランスも見事で良い演奏ですね。
仰るとおり、若い頃のチョン・キョンファの演奏は素晴らしいものがたくさんあります。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク