R・シュトラウス アルプス交響曲 : ブロムシュテット

ブロムシュテットアルプス交響曲

ブロムシュテット/サンフランシスコ響の「アルプス交響曲」は「ドン・ファン」との組み合わせで89年の録音。CD50枚組の「The DECCA SOUND」の中に収められていた。ちなみにこのボックスセット、基本的には一人の指揮者(独奏者)当たり一枚のCDしか収められていないので、ブロムシュテットのDECCA録音代表として選ばれたのがこのCDと言うことになる。

CDをセットしたら最初に思いがけず「ドン・ファン」が始まった(ちなみに単売されているCDは逆の順番ぽい。)のだが、冒頭から実にブロムシュテットらしく、スッキリ爽やかで透明な音楽である。見通しの良いDECCAの録音とも相性抜群。ぐいぐいと音楽に引き込まれる。

「アルプス交響曲」はこうしたブロムシュテットの棒さばきとサンフランシスコ響の妙技、それに抜けの良い録音が相まって、まさに一大スペクトラルが展開する。粘らず引きずらないすっきりとした表現で、今まで聴いた中でも最高の天気をイメージするアルプス交響曲である。オケの音色も明るいので「アルプス」じゃなくて「ロッキー」かな。陽気だが品はとても良い。終盤のハーモニーも見事。名盤。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

お久しぶりです。
ブロムシュテット盤愛聴しています。少しあっさりしすぎかなと思う面もあるのですが、推進力のあるテンポやハーモニーを随所できっちり決めていて、この指揮者の職人肌を感じることができる一枚だと思います。

sankichi1689さん、こんばんは。

こんばんは。ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。

sankichi1689さんはブロムシュテットを良くお聴きなのできっとこのアルバムもご存じのことと思っておりました。この一枚は歯切れが良くてスケールも大きく、鮮明な録音とオーケストラの妙技に生理的快感を覚えました。サンフランシスコ響とのアルバムは本当に良い演奏が多いですね。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク