ショスタコーヴィチ交響曲第4番 : 井上

井上ショスタコ

どうも最近、ショスタコーヴィチばっかり聴いている。聴いた音楽をすべてブログに書いているわけではないが、書かない時にも気が付けばショスタコーヴィチ三昧である。いくらなんでも偏り過ぎと思って、他の音楽もあえて聴いてみるが、どうやら今この瞬間、僕の脳みそが望んでいるのはショスタコーヴィチらしい。これはどういうメンタリティなのだろうか。叶うならフロイト先生に聞いてみたい。

趣味で聴いているのだから、聴きたくない音楽を聴いてバランスとっても仕方ない。と言うことで昨日に続いてショスタコーヴィチの4番を聴いた。今日は井上道義さんと東響の演奏。前回、15番を紹介した日比谷公会堂チクルスからの一枚である。

このアルバム、単売されていないせいか、感想記事をほとんど見かけないのだが、相当の爆演である。どの程度、編集されているのか知る由もないが、実演でよくオーケストラが対応できたものだ。特に第一楽章で弦の急速なパッセージからオーケストラが頂点に達するまでのスピードはもの凄い。低弦はついていくのが必死という感じだが、大きな瑕もなく強烈な演奏を繰り広げている。

この演奏について井上さんのブログにはこう書いてある。

【交響曲第4番 ハ短調 作品43】  2007.12.1.sat 17:00~
[正真正銘大傑作!]
 正真正銘大傑作。これを書いた後ショスタコーヴィチが粛清されても彼は永遠に名を残しただろう。しかし上手く生きてくれてよかった。 ここに彼の全てがあり、誰もなしえなかった交響曲の巨大な20世紀のモニュメントだ。男の音世界はこれだ。 誰だ! クラシックは、女子供のすることだと言ったり、私はクラシック音楽がわかりませんとか言う腰抜けは?
(井上道義さんのブログから引用)

「男の音世界」以降、何が言いたいか必ずしも良く分からないものの、興奮は伝わってくる。大フィル首席指揮者就任ライブにこの曲を選んだところからして、井上さんの思い入れが感じられる。

第一楽章の劇的展開からすると続く二つの楽章はじっくり抑え気味の展開に感じるが、最後のコラールは切れのいい打楽器に支えられて大迫力で迫ってくる。この辺りが「男の音世界」だろうか(笑)。録音も良く、面白く聴ける好演奏。大フィルとのライブも聴きたくなる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク