R・シュトラウス 家庭交響曲 : マゼール

マゼールRシュトラウス

昨日、AM105iのセッティングを見直した話を書いた。昨日はお昼ご飯で中断してそのままにしていたのだが、今日、思ったよりも早く帰宅できたので、続きを再開した。昨日は視聴位置までの距離を微調整しようと考えていたのだが、今日は気分が変わってここ最近出番ゼロだったPV1Dを併用してみることにした。

スペンドールを使っていた時にいわゆる2.1ch再生を志して追加したPV1Dだが、その時はどうしても違和感が残って結局お蔵入りした。今回、併用するに当たってはとにかく存在に気がつかないくらい控えめにセットする。ここら辺がサブウーファーの微妙なところである。鳴っていると感じるようでは大きい。でもまったく気づかないなら使う意味がないわけで、今まで上手くつながった試しがない。とりあえず50Hz、83dBで設定。右スピーカーの奥、パワーアンプの隣にセッティング。

今日は帰ってから聴く音楽を決めていた。sankichi1689さんの「石狩国音楽記」にマゼール/ウィーン・フィルの「家庭交響曲」の記事が掲載されていて、読んでいるうちに僕もすごく聴きたくなったのである。残念ながらウィーン・フィルとの演奏は手元になかったので、95年に録音されたバイエルン放送響との演奏を聴く。

聴いたのはだいぶ昔になるが、ウィーン・フィルとの演奏はとても颯爽としてスマートなものだった記憶がある。それに比べるとバイエルン放送響との演奏はゆったりとしたテンポで全曲にほぼ50分くらいかかる。テンポはゆっくりだが、表現はこれもどちらかと言えば直截的。小細工なしに非常にストレートに歌い上げる。ハッピーな「家庭」交響曲である。オーケストラは実に上手で、響きはとてもきれい。そしてフィナーレの盛り上がりも心地良い。

しかし、マゼールは不思議な指揮者である。R・シュトラウスみたいにいくらでも変化球で遊べそうな作曲者の音楽に限って、ど真ん中のストレートしか投げない。大見得を切ったりとか、突然減速したりとか、誰も気にしないフレーズを強調したりとか、そういう変態的表現はない。まるで、R・シュトラウスについては誰よりも洗練された演奏をすると心に決めているようだ。

ここまでPV1D付きで聴いて、少なくともすぐに気づくような悪さは感じなかった。控えめな音量でも最低音域の下支えがあるとオケの厚みは確実に増す。しかし、ここまでは変更直後にいつも思うこと。いつまで聴き続けられるか、である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
サブ・ウーファーは音楽用にと思うと使いこなしが難しいですね。七味も以前Sig.805の時、一時使いましたがやっぱり上手くいきませんでした。
マゼールはある時期から、音楽に語らせようとしたフシがある、と思いますね。
それがすべて上手くいったとは思いませんが・・・。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

そうですか、やっぱり難しいですよね。このサブウーハー、スピーカーがB&Wならプリセットがあるのですが、自分の耳で合わせるのでなんとも手探り状態で…

ほんの少しの音量でも、どうしても音が濁るような気がするんですよ。結局、長続きしないかも。

マゼール、キャリアを重ねるうちにスタイルが変遷してますが、シュトラウスについては根っこは変わってない気がします。でも、最後までオールラウンダーではなかったと思います。と言いつつ、マゼールが好きなんですが(笑)。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク