最新版 名曲名盤500

名曲名盤500

2014年から2016年にかけて新しい「名曲名盤500」が掲載されていたが、最近はレコ芸をたまにしか買わないものだから、全部は集められなかった。買い損ねたのがちょっと悔しかったのだが、ふと気づいてみればいつの間にかムック本が発売されているではないか。早速、アマゾンで購入した。このムック本はレコ芸に掲載されていた採点を基本としつつもその後昨年末までにリリースされた演奏も含めて再度採点し直したらしい。まずます最新のラインナップが評価の対象になっていると考えていいだろう。

こうした「名曲名盤」の元祖はいつ始まったのだろうか。今回の前が2011年、その前が1999年の「名曲名盤300」らしいというところまではわかったが、僕がクラシックを聴き始めた80年代にもこういう類の本はあった。その頃読んだのは単独の評論家がまとめた本だったが、複数の選者が選定し始めたのはいつ頃だったろうか。

そもそもパッケージメディアを買って聴く人がどんどん減っていく中、今後、こういう企画は難しくなりそうだ。選考対象一つとっても昔は国内正規盤から選んでいたのが、いつの間にか輸入盤も選考の対象になっている。近いうちダウンロード音源も対象になるのだろうか?どうやって絞り込むんだろうか?

もしかしたら最後かもしれない「名曲名盤500」。慈しみながら眺めてみる。CDもオーディオと一緒で、自分で聴いてみなければ良し悪し(好き嫌い)はわからないから、どの演奏が一番評価されているかは実はどうでも良い。価値の多様化を重んずる時代が本格的に到来する前に、大の大人が10人も集まって真剣に一番「良い」演奏を選んでくれる古き良き時代があったと言う思い出として持っていたいのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好み

こんにちは

>自分で聴いてみなければ良し悪し(好き嫌い)はわからないから、どの演奏が一番評価されているかは実はどうでも良い。

これ、深いし大事ですよね。
私の場合、自分の好みだと思っていたものがレビューに引きずられていただけという事が実はよくあります。

でも気にはなっちゃうんですよね。

unagiさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

好き嫌いってなんでもそうだと思うのですが、世の中の評判とか近くにいる人達の考え方に大きく左右されるものだと思います。美人とか、カッコいいとか、時代とともに移り変わるじゃないですか。そういうことに流されながらだんだん自分なりの好みが出来上がっていくんだと思います。

好きな曲も好きな演奏も若い頃に比べるとけっこう変わりました。これからもそうだと思います。名曲名盤500の推薦、僕も大いに参考にしてます。でも、ようやく最近、それが一つの見方でしかないと思えるようになってきました。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク